困っている女性と病原体
医者と話している女性
薬を飲んでいる女性とカプセル
薬を飲んでいる女性

性感染症の中でも、女性が感染する確率が高いのがカンジダ膣炎です。膣の中にいるカンジダ菌が増えることで、おりものの増加やかゆみ、悪臭といった不快症状を引き起こすのが特徴です。

健康な女性でも持っている菌であるため、誰でもかかるリスクがあることをよく覚えておきましょう。また、再発を繰り返すこともあるので、その原因や対策についてしっかりと理解しておくことも大切です。

日常生活において風邪や疲労、ストレスといった免疫機能を低下するような要因が増えたり、抗生物質を服用していたりすると、発生リスクが高くなります。ここでは、この性感染症の原因や予防法などについて詳しく紹介していきます。

カンジダ膣炎の症状は?

カンジダ膣炎は女性の5人に1人がかかると言われているほど、女性にとって身近な性病の一種です。発症したことに早く気が付くようにするためにも、その症状について理解しておくことが大切です。よく起こる症状の一種がかゆみ。

膣や外陰部といったあたりが急にかゆくなるといったことが出てきたら、発症の可能性を疑ってみましょう。かゆみが強く出てくると、陰部を強くこすったり、かいたりしたくなりますが、余計に症状を悪化させるだけなので、かくのは我慢しましょう。痒みが我慢できないときは、お医者さんを受診するとかゆみ止めを処方してもらえるかもしれません。それからおりものの変化も、症状の一種です。

普段のおりものは無色透明でサラサラとしているものがほとんどで、臭いもあまりないでしょう。しかし発症してしまうと、おりものの色が全体的に白っぽく変化してきます。おりものがヨーグルトや酒粕、カッテージチーズのようになったら、カンジダ膣炎にかかったと考えていいかもしれません。おりものには自浄作用があるので、カンジダ菌が繁殖するのを防ぐためにさまざまな細菌が増えることが原因として考えられています。おりものの臭いや状態が変化するのは、他の性感染症でも起こり得る症状です。かならずしもカンジダ菌ではなくても他の病気にかかっている可能性もありますので、おりものの異常が見られたら、早めに病院やクリニックに行って、検査を受けておくと安心です。

性行為のときに痛みを感じることもあるようです。また、外陰部にかゆみだけではなく腫れや痛みを感じることもあります。膣やその周辺にはいくつかの菌が存在しており、カンジダ菌も常在菌の一種です。常在菌とは健康な人にも存在している菌のことなのですが、普段は、さまざまな菌が適当なバランスを保っているため、膣や子宮周辺の健康が保たれているのです。ところが、何らかの原因で膣周辺の菌のバランスが崩れてしまうと、常在菌であるカンジダ菌の働きが活発になってしまいます。常在菌であるため、再発を繰り返しやすいのがカンジダ膣炎の注意点です。ストレスや疲れがたまって、免疫力が低下しているときに発症、再発リスクが高くなると言われています。再発や発症の予防のためにも、免疫力を下げないことが大切です。

カンジダ膣炎の原因は?

カンジダ膣炎の原因となるカンジダ菌は、膣や子宮周辺に存在する常在菌となります。普段はいくつかの菌がそれぞれ適度なバランスを保っているおかげで、トラブルを防いだり健康が保たれたりしています。ところが、それらの菌のバランスが崩れてしまうと、カンジダ膣炎やその他のトラブルが起こるリスクが高くなってしまうのです。

カンジダ膣炎は、カンジダ菌の活動が活発になることで起こるので、発生原因についてよく理解しておくことが大切になります。免疫力が落ちると、カンジダ菌の働きが活性化しやすくなります。私たちの体に備わっている免疫機能は、悪い菌やウイルスが体内で活性化しないように働いてくれています。またさまざまな菌が、互いにバランスを取り正常な状態を保っています。

しかしながら、疲れや睡眠不足、ストレス、風邪などの体調不良が続くと、免疫力が弱くなってしまい、普段の働きを発揮できなくなるのです。それが、この感染症を引き起こす原因になります。また他にも、病気や風邪の治療のために服用している抗生物質が、原因となることがあります。本来抗生物質は、健康に悪影響を及ぼす菌を殺してくれる働きがありますが、もともとある膣内の菌を殺してしまうことがあります。その結果、膣内の菌のバランスが乱れてしまって、カンジダ菌の働きを強めてしまうのです。

また妊娠すると発症の可能性が高くなることを覚えておきましょう。妊娠すると膣内の酸性度が低下してしまって、カンジダ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。ほかにも、妊娠によりつわりなどで体力や免疫力が低下することも発症リスクを高める原因となってしまいます。それから性行為が多いことも原因になることを覚えてきおきましょう。

性行為によって他の性感染症にかかるリスクが高くなってしまいます。特に、回数が多い方や、不特定多数の人と性交渉をしている人は、さらに危険性が高くなります。他の性感染症にかかってしまうと、免疫力が低下したり、常在菌のバランスを崩したりすることがあるため、カンジダ膣炎が発症するリスクも高くなってしまうのです。この菌は常在菌であるため、ストレスで免疫力が下がるなどさまざまな理由で再発するリスクも高いことも、よく心得ておく必要があるでしょう。

カンジダ膣炎を予防するためには?

カンジダ膣炎は、常在菌ですから誰でも発症するリスクがある性病の一種です。また、症状が収まっても、何かしらの原因で再発するリスクがあるので、注意が必要です。再発や発症を予防するためには、普段からできる対策を知っておくことが有効策になります。

まず、カンジダ菌は適度な温度と湿気を好むので、そのような環境を作らないようにすることも予防策につながります。普段身に着けている下着についても、通気性のよい綿やシルクといった素材を選ぶのがおすすめです。ナイロンやポリエステルは通気性が悪く、下着内の湿度と温度を上昇させる原因になってしまいます。温度や湿気対策としては、VIO脱毛も効果的だと言われています。

陰部は毛量が多く、毛によって下着内の湿度や温度が上がってしまっています。脱毛で毛量をセーブすることができれば、カンジダ菌が繁殖しにくい環境を作ることができるかもしれません。実際に、欧米ではVIOをきれいに脱毛する人が少なくありません。見た目だけでなく、衛生面も配慮しているという意見が多いのです。通気性をよくするという意味では、洋服にも配慮しましょう。ヒップラインにぴったりとフィットするようなパンツなどを身に着けていると、通気性が悪くなってしまいます。スカートや、ワイドパンツの方が風が通りやすいので、おすすめです。

シャワーや入浴後に体をふく時は、陰部をよく乾かしてから下着を身に付けるようにしてください。濡れた状態で下着を付けてしまうと、湿気が高くなるからです。そして、汗などで濡れてしまった下着や水着は、湿度を上げないためにもできるだけ早く着替えることをおすすめします。生理中の対応も重要です。最近のナプキンは、吸収性にも優れており長時間付けられるものが増えてきています。

しかし、ナプキンに付着した経血などは雑菌やカンジダ菌の餌となりやすいため、小まめに交換するのが適しています。排尿時にトイレットペーパーで残ったおしっこを拭く時も、注意しましょう。後ろから前にふきとると、カンジダ菌を広げることがあるので、前から後ろが鉄則です。また、妊娠すると免疫力が低くなりカンジダ膣炎を発症しやすくなります。無理は禁物でもある時期なので、免疫力を下げないためにもゆっくりと休むことが大切です。

記事一覧
あなたは大丈夫?尖圭コンジローマについて

尖圭コンジローマとは、性器や肛門の周りにイボができる病気です。男女別でイボができる箇所が異なり、男性...

2019年12月03日
セックスなしでもトリコモナスに感染するのを知っていますか?

性病といえば、セックスやオーラルセックス、アナルセックスといったように相手の粘膜や体液に直接触れるこ...

2019年11月28日
ヘルペスに罹ったらバルトレックスで治療するのが一般的

ヘルペスを引き起こす原因となるウイルスは、体のいろいろな部分に感染します。口や唇に感染したときは口唇...

2019年11月12日
ジスロマックはクラミジアの治療に効果的な治療薬です

クラミジアは性感染症の中でも患者数の多い性病の一種であり、クラミジアに感染してしまうことが原因で起こ...

2019年10月27日
カンジダ膣炎を治療するにはエンペシドが効果的

カンジダ膣炎は、女性なら誰でも発症するリスクがあります。カンジダ膣炎になってしまう原因はさまざまです...

2019年10月13日